144-犬 椎間板ヘルニア 介護約1ヶ月 そらちゃん

■飼い主さんのお名前(ペンネームでもOKです)

 M様

■介護したペットの種類 (例:猫雑種、チワワ、など)

 犬:ポメラニアン

■介護したペットのお名前と年齢

 そら:6歳(発症時の年齢)

■介護の病名・怪我名

 椎間板ヘルニア

■どれくらいの期間、介護が続いていますか?(続きましたか?)

 2015年10月07日~11月30日


■自宅でどのようなお世話をしましたか?

 ケージレスト  : 35日間
 サークルレスト : 20日間(添い寝)
 朝晩、抱えて外でのトイレ

■介護中の食事で、困った事・工夫した点はありましたか?

 特になし
 アレルギー持ちで、常にロイヤルカナンの指定食だったため。

■介護中のトイレで、困った事・工夫した点はありましたか?

 朝晩、外に行かないとうんちをしないこと。
 体重が6.5Kgあったため、雨・雪の日に抱えて外に行くのが特に大変だった。

■介護ペットの睡眠で、困った事・工夫した点はありましたか?

 ベッドで寝る際に、出来るだけ苦痛のないように工夫した。
 寝付くまで、そばで見守った。

■通院の際に困ったこと等はありましたか?

 得になし。

■飼い主さん自身が、辛かったこと、悩んだこと等ありましたか?

 左後ろ脚のナックリングがなかなか治らず、悩んだが、
 一つは、体重の管理を怠ったことによる肥満が原因だと感じており、
 その体重に至るまであまり気にしていなかったことを反省した。。
 二つ目は、フロアにカーペットを敷くなどの処置を早い時期から
 すべきだとも考え、悔んだ。

■自由記入

 結局、どうぶつ病院の先生の処置(投薬、鍼灸治療など)と介護の
 かいもあって、2015年12月01日には快復し、普通の生活に戻ることが
 でき、家族のみんなと新年を迎え、いつものように楽しく過ごしていた。

 が、しかし…
 7歳の誕生日(2月21日)の二日後に、生のジャガイモの一片を
 誤飲して窒息。2月23日の18時に永眠しました。

----------------------------------------

なお、生前は、ロイヤルカナンの「低分子プロテイン ライト」を
何回か注文させていただきました。
ありがとうございました。


この記事へのコメント