040-犬 血管肉腫 介護1ヶ月半 しゅうちゃん

■飼い主さんのお名前(ペンネームでもOKです) N様 ■介護したペットの種類 (例:猫雑種、チワワ、など) ゴールデンレトリバー ■介護したペットのお名前と年齢 しゅう(享年11歳) ■介護の病名・怪我名 血管肉腫 ■どれくらいの期間、介護が続いていますか?(続きましたか?) 1か月半 ■自宅でどのようなお世話をしましたか? 脾臓がガン化し、摘出手術したが、転移もしていて衰弱状態が続いたので、 妻と二人で24時間体制で付いていた。 ■介護中の食事で、困った事・工夫した点はありましたか? ドッグフードが食べられなくなり、ウェットフード(ミートチャンクの缶詰) ⇒鶏のささみなどに変えましたが食べられるものが次から次に変わるので、 とっかえひっかえして少しずつやるようにしました。 ■介護中のトイレで、困った事・工夫した点はありましたか? 家の中ではしないので、数時間おきに妻と二人でタオルケットで 吊るすようにして庭に連れて行ってさせました。 ■介護ペットの睡眠で、困った事・工夫した点はありましたか? 妻と交代で、リビングで一緒に寝ました。 ■通院の際に困ったこと等はありましたか? 歩けなくなってからは通院できないので、動物病院から特別に混合してもらった 点滴液を購入し、自分達で1日数回の点滴をしました。 ■飼い主さん自身が、辛かったこと、悩んだこと等ありましたか? 毎年…

続きを読む

039-猫 悪性リンパ腫、糖尿病、腎臓病 介護2ヶ月、1年9ヶ月 ポコちゃん、ペコちゃん

すばらしい企画ですね。 私もうちのこが病気になった時にはとにかく情報が欲しくて、 いろいろ調べたものです。 でも介護しながらだと、なかなか難しいものです。 私の経験が役に立てたら幸いです。 ■飼い主さんのお名前(ペンネームでもOKです) A様 ■介護したペットの種類 (例:猫雑種、チワワ、など) 三毛猫、さび猫 ■介護したペットのお名前と年齢 三毛猫→ポコちゃん 16歳 さび猫→ペコちゃん 16歳 ■介護の病名・怪我名 ポコちゃん 悪性リンパ腫 ペコちゃん 糖尿病、腎機能の低下      (尿素窒素の数値が高い、クレアチニンの数値が上がり気味) ■どれくらいの期間、介護が続いていますか?(続きましたか?) ポコちゃん 病気が発覚してから体調がどんどん悪くなり、       2ヶ月で天に召されました。(2016年5月) ペコちゃん 糖尿病2013年10月?現在も治療中、腎機能の低下を和らげる為、       毎週1回輸液を打ちにいってます。 ■自宅でどのようなお世話をしましたか? ポコちゃん 薬(ステロイド)、サプリメント、漢方薬の投与。 食欲がほとんどなかったので、少しでも興味が出そうなものは、何でも与えました。 毎日5種類くらいのウェットを置いてました。 ペコちゃん 1日2回のインシュリン、週1回の輸液の点滴(病院) ■介護中の食事で、困った事・工夫した点はありましたか? …

続きを読む

038-猫 白血病、悪性リンパ腫 介護3週間 そむきちくん

■飼い主の名前 T様 ■介護したペットの種類 猫雑種(茶トラ) ■介護したペットの名前 そむきち(3歳) ■介護の病名 猫白血病、悪性リンパ腫 ■介護の期間 3週間 ■自宅での世話 排泄、強制給餌、清潔を保つこと、猫らしさを尊重すること ■介護中の食事で困ったこと・工夫したこと 高カロリーで栄養バランスの良い流動食のバラエティが 少なかったため、ドライフードをミキサーにかけて湯がいた魚や ササミを入れていた 市販に大きいケージ(一階建て)が なかったため、目を離さないようにずっと見守っていた ■介護中のトイレで困ったこと・工夫したこと 段差の低いトイレの容器をホムセンで探した ■介護中のペットの睡眠で困ったこと・工夫したこと 寝返りがうちやすいベッドを探した ■通院の際に困ったこと 寝たきりのぐったりした体をふつうのキャリーに入れるのは躊躇いがあった ■飼い主が辛かったこと、悩んだこと ごはんを食べるのが好きだったので毎日いろいろなごはんを ミキサーにかけてお湯でふやかし与えていた 弱って食べなくなるのが見ていて辛かった ■自由記入 もっとできたことはあっただろうとは思いますが、愛猫が 亡くなってしまった今はどんなに悔やんでも仕方のないことです。 いま共に暮らす他の愛猫の、いずれやってくるだろう介護が お互いにとって少しでも快適なものになる…

続きを読む